フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

リンク

« 原発推進派のウソ――藤井聡の場合 | トップページ | 「反原発は左翼が多い」? »

2012年9月 6日 (木)

原発推進派のウソ――中野剛志の場合

 今回は、以下の動画です。

 中野剛志氏
脱(反)原発に なぜ左翼が多いのか

 このYoutube動画は、直前に確認した限りで240802のアクセスがあり、高評価1706 低評価715となっています。現在でも、1日250件ほどのペースで参照され続けている動画ですので、このまま放置しておくわけにもいかないと思います。

 いわゆる「トイレのないマンション」論は間違っているという話から始まります。
 核廃棄物を「捨てる場所がない」と言われているけれど、それは違うというのです。

 随分とおかしな言い分です。
 ご自分がためにする議論をしていることをしっかり自覚しているから、こういう表現になってしまうのでしょう(動画をご覧いただけば、確認できます。表情・動作・話し方・そのタイミングなど、すべてがウソをついていることの証拠そのものです)。
 本来ならこう言わなければならないはずでしょう――原発が出す廃棄物を安全に処理することは可能なんです、って。
 捨てるとか捨てないとかの話なんかじゃないはずです。

 しかしながら、核廃棄物を安全に処理するというような、そんな技術は存在していません。だから、それを次の世代、次の次の世代に押しつけようとしているのが現状なのではありませんか。

 中野(以下敬称略)の言葉をたどると、こうです。
 “「捨てる場所がない」と言われていますけど、実は「技術的に可能」なんです。”

 これは、印象の操作です。
 核廃棄物を安全に処理することが「技術的には不可能」だから、それを人のいない場所に隔離しているというのが事実です。
 その隔離作業を表現するのに、「技術的に可能」だというのは言葉の使い方が完全に間違っています。

 確かに、フランスやフィンランドなどでは、地下深くに穴を掘って、そこに廃棄物をためこんでいます。しかし、それは簡単に言ってしまえば“クサイものにフタ”をしているのに過ぎません。処理技術が存在していないので、出来るだけ人に影響を与えないような場所に“隔離”しているというだけのことです。

 実際は“お手上げ”の状態であるのに、それを表現するのに「技術的に可能」という言葉を使うのは、否定的な事態をいかにも肯定的に見せかけようとしているのであって、敗北を勝利と言うのと同じペテンです。

 それだけではありません。
 ヨーロッパと日本とでは、安全のための条件がまったく違います。
 合衆国も同様ですが、ヨーロッパでは地震の心配がほとんどないのに対して、日本は地震大国です。いったい、どこに穴を掘ればいいのでしょうか。核廃棄物を安全に格納しておけるような場所なんか、日本にはありません。

 さて、動画のタイトルです。
 『脱(反)原発に なぜ左翼が多いのか』
 これは、かなり恥ずかしいです。
 エリートさんたちは、悪い奴だと言われるよりも、アホだと言われる方を嫌うものだと思っていましたが……。
 いったい何を根拠に、こんなことが言えるのでしょうか。どんな統計に根拠をおいて、中野は言っているのでしょう。

 中野はきちんと定義していませんし、左翼という言葉にどんな意味があるのか、私にはさっばり分かりません。
 ただの雰囲気で、要するに思考停止状態の中で、彼はこんな言葉を使っているだけです。(私自身は、自分が左翼であるのかないのか、まったく自覚がない一方で、仮りに左翼と呼ばれても痛くもかゆくもありません。相手の知的レベルを疑うだけですから)

 内容のないレッテルはりというやつです。
 目的とするのは、反原発・脱原発を言うような奴らはみんな左翼だ、という決めつけ。
 左翼ではない正しい国民は、決してそんな主張はしない、というデマゴギー。
 それで何を言ったことになるのか、まるで分からない、ただのナンセンスです。

 これは、かなり程度が低いです。
 今どきよくもまあ、こんなことを、はずかしげもなく――というようなアナクロニズムに、私はあきれてしまいます。

 前回の藤井聡、今回の中野剛志は、ともにTPP反対の論陣を張っていて、その限りでは力強い同志とみなせる可能性があるのですが、どうもあまりに見え見えのウソが気になって、その知的誠実に疑いを持ってしまいます。
 同じ不信からでしょうか、ネットでは、中野のTPP反対は実は偽装で、本当は賛成派なのだという見解もチラホラ見られます。

 まあ、自民党がとことん原発推進派であるのは確かなこと。
 動画の視聴者などの方たちが、藤井や中野の言葉にどんな風な仕方で耳を傾けるにせよ、そこから自民党支持に誘導されることなどないようにと祈るばかりです。

« 原発推進派のウソ――藤井聡の場合 | トップページ | 「反原発は左翼が多い」? »

「福島原発」カテゴリの記事

コメント

>安全な技術は存在していますし、日本にもありますよ。
 
 どんな技術なんでしょうか。非常に興味があります。私の知っている限りでは、フィンランドで建設中のオンカロや、フランスのビュールでプロジェクト進行中のいずれもガラス固化+地中埋蔵方式くらいしかないのですが。日本に至っては、同様の計画が候補地すら決まらずに頓挫していると聞いています・・・

>毎日都内で行われている脱原発集団を見たこと無いんですかね?
左翼と言われる人達が、自分でプラカード持っていっぱいいますけど?
情報操作は辞めましょう。

 私も娘と一緒に、奈良美智氏のイラストボードを持ってデモに参加しましたけど、オコジョ氏が言っておられるのは、情報操作が目的なのではなく、「イデオロギーへの問題のすり替えには意味がない」という事なのだと思います。

>しかしながら、核廃棄物を安全に処理するというような、そんな技術は存在していません。だから、それを次の世代、次の次の世代に押しつけようとしているのが現状なのではありませんか。

フランスやスペインなどの例を勉強しましょう。
安全な技術は存在していますし、日本にもありますよ。
ただ、そういった技術で物事を理解できない人が事を進めるのを邪魔してるだけでしょw


>原発に左翼が多いという事

毎日都内で行われている脱原発集団を見たこと無いんですかね?
左翼と言われる人達が、自分でプラカード持っていっぱいいますけど?

情報操作は辞めましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586400/55593999

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進派のウソ――中野剛志の場合:

« 原発推進派のウソ――藤井聡の場合 | トップページ | 「反原発は左翼が多い」? »