フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

リンク

« どう考えても選択肢は限られている――未来の党 | トップページ | 「脱原発」の根拠――大多数の健全で合理的な判断 »

2012年12月23日 (日)

「脱原発」の根拠――「未来の党」の惨敗やら何やら

 今回の選挙結果に、がっくり来ていないと言ったらウソになります。
 何しろ、基本的に「反・原発」を志向した勢力はすべて否定された結果になってしまいましたから。

 維新やみんなは、とても反・原発とは思えません。
 社民や大地、共産など、みんな議席を減らしましたし、未来の党は目も当てられない惨敗です。

 共産党が今回少しは伸びるのではないかと思っていましたが、逆に減ってしまいました。
 この党は、国会前のデモにずっと併走していくことを、党として――もちろん、この機会に支持を増やそうと考えたのでしょうが――はっきり選択していました。わずかではあろうけど、多少とも議席が増えないことはないだろう――そんな風に感じていたのでした。
 私自身は、悪意は持たないものの、特に期待をかける気持ちはありませんでした。それでも、あれだけ――いちおうは?――継続して頑張ったのに、全然見返りがなかったのは気の毒でした。

 なんだか、「反・原発」を言う政党にはすべて、しっかりお灸をすえてやらなければならない――そんな風な国民の選挙行動だったような気がしてしまいます。

 世界内存在の一人として「評論」するアホを演じたくはないのですが、維新の会にあれだけ票が集まったのには、かなり脱力してしまいました。
 「民度の低さ」なんて言葉が、目の前をちらつきます。
 たぶん、民主はもうイヤだけど、自民には入れたくない――という選択が、維新やみんなの党への投票だったのでしょうけど。
 それにしても、いったい何を実現してもらいたくて維新に入れたんだろう? 私にはまったく理解できません。

 言いたいことは沢山ありますが、いまはちょっと控えておきます。

 私自身は、投票行動をとおしてだけでなく、選挙活動の面でも「日本未来の党」を応援したわけです。選択の基準になったのは、「脱原発」の志向を持っている一定の勢力ということでした。
 社民党や共産党は、なにしろあまりにも議員数が少なすぎます。いずれにしろ、単独で過半数をとれるような脱原発・政党は誕生しそうもないとしても、少なくとも40や50には手の届きそうな、核になる勢力が必要だと私は思ったのです。
 まあ、これがとんでもない思い違い・当てはずれに終ったのでしたが。

 私は「脱原発」を実現するのは、とても難しいことだと思っています。
 仮りに「脱原発」を公約とする政党が衆議院の過半数を獲得したとしても、ただちに実現するというわけにはいかないでしょう。
 簡単な話、今回の選挙前にはそういう政党が政権の座にあったのだし。

 民主党の言うことはウソばかりだという理解があまりにも一般的になってしまったので、原発の反対派であれ推進派であれ、彼らのいう「脱原発依存」をまともに云々しようという気に誰もならなかったみたいです。
 しかし、民主党が脱原発の政策を選択し、選挙でもそれを訴えていたのは事実です。

 ここで、私は民主党の原発政策への支持を表明しているのではありません。
 彼らは、脱原発政策の閣議決定を米国からの恫喝を受けて、あっさり放棄してしまった人たちです。

 マスコミの対応はどうだったでしょうか?
 「東京新聞」がこの恫喝をすっぱ抜いたのですが、他の新聞社は知らぬ顔を決め込みました。こんな時にこそ政府の「弱腰」を批判しなければいけないというのに、です。

 たとえば、例の「ダレス警告」の時は、最初にスクープした「産経」(当時「産経時事」)に半日遅れですべての主要紙が同調しています。みんな大きく「一面トップ」の扱いでした。論調は「けしからん」恫喝だ、です。条約のまともな解釈から言って「択捉・国後」と「沖縄」の等価交換などあり得ないという学者の見解なども同時に掲載していました。

 民主党の閣議決定に文句をつけた米国の恫喝は内政干渉以外の何ものでもありません。
 こんなことを許していては、一貫性を持った政治など不可能ですから、大いに問題にしなければならなかった筈なのに、マスコミは無視したのです。

 話は単純なのでしょう。
 大手マスコミも所謂「原子力ムラ」のメンバーだからこその無視・沈黙です。

 「脱原発」を実現するためには、国内外の「原子力ムラ」を一つ一つねじ伏せていかなければなりません。
 日米安保を憲法より大事にしている人間たちが、国政の中心で跳梁跋扈しています(何よりの証拠に、「憲法改正」を叫ぶ大きな声が四方八方から聞こえてくるのに「安保改正」を叫ぶ声は、小さすぎるのか、まったく聞こえてきません)。
 現在のままの「日米関係」を続けていては、脱原発の実現は不可能でしょう。つまり、脱原発は国内問題にはおさまらないのです。

 共産党は、「卒原発」を掲げる未来の党を「シングル・イシュー」の政党だと非難(批判じゃなくて)しました。それ自体が事実には反する非難だったのですが、以上のような理解からすると、脱原発はシングルなイシューというには、あまりにも広い領域にまたがるイシューであるわけです。

 「脱原発」を実現するためには、日米関係を変化させなければならない。マスコミのあり方も、法律も司法も、官僚支配も、みんな変えていく必要があります。
 逆に言うと、「脱原発」をどのようにして実現していくのか、という視点から見たときに初めてそういう問題群が見えてくる。実現していこうと動き始めるときに、ぶつからざるを得ない壁としてぶち当たるからです。

 話はもどります。
 選挙の結果としては「脱原発」は否定されましたが、放射能汚染で国土を、子供たちの未来を汚染させたくないという国民の願いがまったく消滅してしまったはずがありません。
 問題は、そういう国民が自分たちの願いを託せると思える政党が存在しなかったことだと私は思います。

 政党の選択はその政党が「何を言っているか」ではなく、「何をしてきたか・何をしているか・何をしようとしているか」に掛っているからです。
(その点からも、「生活が第一」は動きが鈍すぎました。しかし、それを十分承知の上で、他に選択肢がないと思って、私は「未来の党」への支持を決めました)

 本当は、国会前デモを含む国民の動きを養分として育つ政党が必要でした。国民の多くの声をすくい上げる政党が。

 選挙によって政党を国会に送り込むだけでなく、その政党を支える社会運動が必要でしょうし、社会運動は何らかの形で自らのエネルギーをそうした政党につなげていく回路を持つ必要があるでしょう。

 出来れば、続きを次回に書きたいと思います。

« どう考えても選択肢は限られている――未来の党 | トップページ | 「脱原発」の根拠――大多数の健全で合理的な判断 »

「民主主義」カテゴリの記事

コメント

日本の左翼の方は気を見て森を見ずっていう感じですね。そんなことでうまくいくはずがないのがわかりきってるから議席が減ってるのがわからないんでしょうか。

 “明けましておめでとうございます”さん、こんにちは。

 他の記事へのコメントでもよくあるんですけど、あなたのコメントのようにお経みたいな書き込みでは、ひとつの議論というより参考にすべき「症例」に見えてきてしまいます。

 実際、いくつかの「共通点」があります。
 たとえば、一個人の発言に対して自分自身も一個人としてコメントする、という姿勢が見られない。姿の見えない発言者の声が、どこか彼方から聞こえてくるみたいです。
 コメントの「名前:」蘭が空欄のままですね。一時的にも何らかのネームを書き込むという手間すら惜しいのでしょうか。(これは「特徴」といって間違いない)

 もうひとつはこれ。

>> 貴方方はオイルショックと言う「史実」と世界中で多数の原発が新規建設中
>>と言う現実から逃げ回っているだけです。

>> 最も貴方方が反原発カルト信者だったら救いようがありませんが。
(ちなみに、この「最も」は平かなでなく漢字で書くなら「尤も」でないといけない)

 なんで「貴方方」になるの? 私は一個人として発言しているのに。
 もしかして、これは「きほうぼう」とかいって、私の知らない中国語かなんかなんでしょうか。

 選挙結果の解釈については、長くなりそうなので今回はパスしますが、一つだけ言うなら「脱原発」は必ずしも争点にはなっていませんでした。

>> いい加減「埋蔵電力」という幻想から決別したらどうですか?何故に日本が
>>原発に頼る様になったか、「サンシャイン計画とは何だったか」と言う事位関
>>心を寄せてください。

 日本のエネルギー政策や原発の歴史くらい、だいたいのアウトラインは理解しているつもりです。あなたの受け取り方とはだいぶ違うようです。
 「サンシャイン計画」の存在を知って、鬼の首でも取ったような気になっているとしたら、随分と見当違いだなあと思います。

 とんがりさん、こんにちは。重ねてのコメントありがとうございます。

 「浜岡原発」に関して私が参照したのは、大鹿靖明氏による『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』という本です。これは、Amazonのレビューなどを見ても分かるように、けっこう評判になった本で、多くの読者の目にさらされるという検証を経ているものと私は受け取っています。いい加減なことが書かれていたら、やり玉に上げられていただろうと考えるわけです。
 いまだに、浜岡原発は管直人が止めたのだと言う人も少なくありません。また、例の東電に怒鳴り込みにいった話について、東電が本当に福島原発から撤退するつもりでいたのかどうか、まだ決着がついていません。
 繰り返しになりますが、私がこだわっているのは米国からの「要望」があったとして、それが実現するまでの「経路」がどういうものだったか、です。

>> 北朝鮮にさっさとトップが乗り込め、とおっしゃるオコジョさんの気持ちも
>>わかりますが、外交とはそんなに単純なものではありません。

 私は鳩山一郎のことを書きましたが、拉致問題について言うなら、そもそも小泉純一郎が北朝鮮まで行っています。お忘れですか? 私はあり得ない話をしているわけではありません。
 あれ以降、さらなる成果を得られなかったのは、交渉を継続していかなかったからです。
 で、それは米国が妨害したからでした。

>>現行憲法の下では、アメリカの力も必要です。

 北朝鮮に対する米国の姿勢は、コロコロ変わっています。それに応じて、米国にとっての安倍晋三は便利な使い走りになったり、はた迷惑な国粋主義者になったりしたのでした。
 米国なんかを当てにするのは、方向が違うと思います。

 それから、世界中の国が援助をしている時に、日本だけ経済制裁したのは政策的に間違っていたのではありませんか。
 北朝鮮の政権と北朝鮮の国民は、やはりきちんと分けて考えないといけないでしょう。

 最後に「未来の党」(現在のではなく、当時のということになりますが)の北朝鮮政策については、私は特には知りません。投票先の選択の際にも、意識はしていませんでした。
 基本的には、対決姿勢をとる政策は志向していないと思います。

 たいへん頼りない話で申し訳ありません。拉致問題の解決のためには、もっと国民全体の一致した後押しが必要なのでしょうが、現在の状況では「太陽政策」が支持されるかどうか大いに疑問です。やたら強硬な路線で盛り上がってしまう可能性を考えると、どうも拉致問題に積極的になれません。

 貴方方はオイルショックと言う「史実」と世界中で多数の原発が新規建設中と言う現実から逃げ回っているだけです。>貴方こそ、チェルノブイリ、スリーマイル、福島の原発事故と放射能汚染、という史実から逃げ回っているのではありませんか?地震の無い国が原発を新規建設しても、地震大国日本の現実にはそぐわないでしょう。ウランは後60年で枯渇するといわれていますが、原発の増設でいずれウランの争奪戦が始まるでしょう。枯渇型エネルギーのリスクはオイルも原子力も同じです。再生可能エネルギーは太陽熱だけではありませんので、サンシャイン計画の失敗例を引き合いにだされてもあまり意味はありません。日本が原発開発を始めたのは、第五福竜丸の水爆被曝事件を有耶無耶にするためで、推進したのはポダム(CIAコードネーム)正力です。

2つ下のコメント
>何故に日本が原発に頼る様になったか 答え;正力が権力を得るため

今回の選挙は、不正選挙です。
このサイトを見てみてください。http://saisai25.blog.fc2.com/
原発もTPPも戦争も、全部金持ちが民衆から搾り取るためのもの。

 明けましておめでとうございます。
 年末の選挙で「脱原発」と言う誇大妄想が有権者に拒否されたと言う事実を未だに受け入れられないのはさぞつらいでしょうが、現実はこんなものです。
 貴方方はオイルショックと言う「史実」と世界中で多数の原発が新規建設中と言う現実から逃げ回っているだけです。
 いい加減「埋蔵電力」という幻想から決別したらどうですか?何故に日本が原発に頼る様になったか、「サンシャイン計画とは何だったか」と言う事位関心を寄せてください。
 最も貴方方が反原発カルト信者だったら救いようがありませんが。

オコジョさんへ

なんか、丁寧にお返事をいただいてみたいで、ありがとうございます。
次の記事も合わせてよく読ませていただきました。オコジョさんの志は共感すべきところも多く、参考にさせていただいてます。

1.浜岡原発の件
 福島原発の事故の後、ホワイトハウスで議論になったのは、次の地震の可能性の高い場所が浜岡原発だったということです。当時の横須賀の米軍基地からの要望もあり、アメリカから日本へ浜岡を止めるよう、要望がありました。結果的に菅さんが止めた形になってますが。
 オコジョさんのおっしゃるとおり、三沢基地はどうなのだということなのですが、ホワイトハウスでそこまで議論があったかどうかはわかりません。いえるのは、浜岡原発の停止の要望をホワイトハウスが出したことは事実だということです。当時の民主党政権は、アメリカの要望をハイハイと聞いたわけです。菅さんが自分の政権の支持率アップのために。

2.北朝鮮拉致被害者の件
 正確には、安倍さんが総裁の自民党政権と書くべきでした。言葉足らずをお詫びします。
 拉致被害者の奪還に関しては、自民党内に限らずどの政党の国会議員も、票につながりにくいという理由で熱心な人は少ないというのが実情です。熱心に活動してこられたのは、安倍さんや中山恭子さん、民主党の松原仁さんなどがいますが、数は多くありません。その中でも、80年代まだ秘書の時代から拉致被害者の家族の相談を熱心に聴いて活動をしてこられたのが安倍さんなのです。
 北朝鮮にさっさとトップが乗り込め、とおっしゃるオコジョさんの気持ちもわかりますが、外交とはそんなに単純なものではありません。トップが乗り込んでいっても、おそらく北朝鮮は、拉致被害者などいないで通すでしょう。オコジョさんのおっしゃる通り、戦争をするわけにもいきません。そして相手は話し合いが通用する相手ではないのです。圧力を通して粘り強いしたたかな外交戦略が必要なのです。現行憲法の下では、アメリカの力も必要です。
 第一次安倍政権のとき、何もしなかったじゃないか、とおっしゃいますが、安倍さんは金融制裁を強め、かなり北朝鮮を追い込んでいました。それだからこそ、前回の政権でなしえなかった忸怩たる思いがあるのだと思います。

 結果で示せとオコジョさんのおっしゃるとおり、第2次安倍政権がどんな結果を出していくのか、よく見ていかねばなりません。

 ところで、質問ですが。
 未来の党(生活の党?)は、どんな北朝鮮政策を持って、奪還しようとしていたのでしょうか?
 嘉田知事の掲げた党の公約からは読み取れませんでした。未来の党を支持されていたオコジョさんにぜひお伺いします。

※石原さんは野党の人です。今回の安倍政権とは関係ありません。
 

 とんがりさん、コメントいただきありがとうございます。

>> 浜岡原発の停止は、アメリカからの要望に答えただけです。浜岡原発にもし
>>ものことがあれば、風向きから言って、被害を被るのは横須賀の米軍基地だか
>>らです。

 「答えただけ」と言い切ってオシマイにできるのが、私には不思議です。

 とんがりさんの“説”を仮りに認めるところから始めてみましょうか。
 大飯原発の再稼働の是非が問われたとき、事故が起こったら自分たちに大きな被害が及ぶのが必然なので、周辺の人たちが再稼働はしないでほしいと「要望」しました。

 アメリカも、迷惑だから浜岡原発を止めてくれと「要望」したのでしょうか。
 周辺の人たち――具体的な形としては関西広域連合――の「要望」にはまるで「応え」ず、アメリカの「要望」にはすぐさま「答え」るというようなことが、どうしたら可能だったのか?
 それは、「だけです」と書き捨てるにはあまりにも大きすぎる問題なのではないでしょうか。
 アメリカの「要望」にハイハイと対応してしまう人たちが、日本の様々なあり方を決定している立場にいるとしたら、それはたいへん恐ろしいことだと私は思います。

 私自身は、横須賀基地への影響というモメントがあったことを否定はしませんが、それが浜岡原発が停止された唯一の、あるいは最大の理由だったとは考えていません。

 とんがりさんの論理からするなら、三沢基地のある青森県はどうなるのでしょう。
 東通原発は、まさに活断層の上にある大変危険な原発です。三沢のすぐ近くには六ヶ所村の再処理工場もあります。
 なぜ、こういうのがすぐに停止されなかったのでしょう? さらに大間原発が加わることになるのですけど。

 米軍にとって、東通原発や六ヶ所村再処理工場が危険要因だとしたら、逆に、私たちの立場からすると、三沢の基地が大きな危険要因です。
 北朝鮮への攻撃基地と想定されている三沢基地は、北朝鮮から見れば、その攻撃を阻止するため、無力化するために、最重要な攻撃目標になります。ピンポイントに目標を狙い定める必要もなく、あの辺一体を攻撃すればいいことは明らかで、原発や再処理工場にミサイルが飛び込んでくる可能性が大いにあるわけです。
 これは、非常に困った事態です。

>> 今回あまりにも争点に浮上していなかったんですが、北朝鮮の拉致被害者の
>>奪還をやってくれそうな政党が安倍さん以外に見当たらないのも残念です。未
>>来の党には、北朝鮮政策が欠片も見られません。安倍さんを支持する理由は、
>>いろいろあるのです。

 「安倍さん」は政党ですか?
 これは、揚げ足を取っているのではありません。なぜ「自民党以外には見当らない」と書けなかったのか、の問題です。

 「争点に浮上」したかどうか疑問なところがありますが、石原慎太郎のバカが一人で息巻いていましたね。憲法9条がなかったら、北朝鮮に行って戦争をやっていたとかなんとか。

 安倍晋三自身は、現在はかなりトーンダウンしていますよ。
 だいたい、平壌宣言から政権を失うまで何年あったのですか。その間に何もやっていないのですから、これから先も当てにはならないと考えるのがフツーではないでしょうか。

 安倍晋三も石原慎太郎も、日本で大口をたたいていないで、北朝鮮に乗り込んでいって拉致被害者を連れ戻してきたらどうなのか、と私は思います。
(失礼。石原はみんな殺されてしまっているのだと根拠もなく、人への配慮もデリカシーもなく、主張していましたっけ。北朝鮮に行く必要などないことになる訳ですが、まあなんとも無責任極まるトンチキです)

 外交というのは、要するに交渉です。ラチがあかなかったら、トップが交渉に当たるのは当然あるべきです。
 鳩山一郎は、当時まだ国交も回復していなかったソ連に自ら乗り込んでいきました。
 口先で何を言うかではなくて、どんな行動をとるかを基準にして、政治家を判断するべきではないでしょうか。

お久しぶりです。
前回、鳩だの琵琶湖だのと偉そうに宣った者です。
日本未来の党分裂してしまいましたね。
政党交付金をほとんどかっぱらったという噂み出てますから、
流石『豪腕政治屋』小沢先生だと思います。

通りすがりさん
原子力をゼロにする事で、一時的にでも電気料金が上がります。
中小零細企業が値上げに耐えられず失業し、国力が減少してしまうことも考えられます。
原子力関連技術者が海外に流出することで、『核』という驚異の拡散。
またそこまで至らずとも、海外(途上国 )に輸出できる技術を失うことになります。

私も放射性物質の影響は確実に福島で現れるとは思うし、
災害大国である日本で原子力発電のリスクが高い事も理解しております。

ですが今後、原発削減の方向に進む事はあっても先ほど述べた理由から原発ゼロはあり得ないと考えますし、
原発ゼロ訴える政治家は、『聴こえのいい言葉』を騒ぎ立てる狼少年と思うのです。

 浜岡原発の停止は、アメリカからの要望に答えただけです。浜岡原発にもしものことがあれば、風向きから言って、被害を被るのは横須賀の米軍基地だからです。

 今回あまりにも争点に浮上していなかったんですが、北朝鮮の拉致被害者の奪還をやってくれそうな政党が安倍さん以外に見当たらないのも残念です。未来の党には、北朝鮮政策が欠片も見られません。安倍さんを支持する理由は、いろいろあるのです。

 通りすがりさん、コメントありがとうございます。
 確かに、自民党は原発推進派そのものですが、これまでと全く同じようには出来ないと私は思います。安全神話が維持できなくなってしまったし、原発政策の前提になるべき信頼もなくなっていますから。
 浜岡原発の停止は、菅直人が言い出したのではなくて、経済産業省が発案して海江田経産相が発表する予定でした。今回の活断層の話も、実はそれと同じ筋道のものじゃないかという気がします。
 いろいろ無理なゴマカシが必要になって来たということで、そこからさらに「ほころび」が広がってしまう可能性は小さくないのではないでしょうか。

こんにちわ。オコジョさん

私も原発はなくした方が良いと思います。
ウランを一生懸命消費してあげる必要はないと思ってます。

でも、流れは、そうなっていないですね・・・
既に甲状腺がんを発病した子供たちがいることを思うと
今回の選挙結果は虚しいです。

しかし、ネット上の安部フィーバーは何なんでしょう。
今さら財政赤字を積み重ねて、さらなる格差を広げたいんでしょうか?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586400/56377534

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱原発」の根拠――「未来の党」の惨敗やら何やら:

» 意図的なニュース-小学校乱射事件 [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2012年12月19日 アメリカのニュースは意図的なものだと長らく思ってきた。今晩(12月18日)アメリカの意図的なニュース報道が、他の世界のニュースにどれほど大きく影響しているかを私は思い知らされた。 私にはわからない理由から、ロシア・トゥディ・モスクワが、児童20人と大人数人が... [続きを読む]

« どう考えても選択肢は限られている――未来の党 | トップページ | 「脱原発」の根拠――大多数の健全で合理的な判断 »