フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

リンク

« 敬老精神は可能か | トップページ | 新宿焼身自殺(未遂?)――諫死という手段 »

2013年11月 3日 (日)

「直訴」もいいじゃないか

 山本太郎議員の「直訴」が問題になっています。
 私自身は天皇制を否定する考えの人間ですが、山本さんの行動は何の非難すべきところもないと思います。要するに、やれることは何でもやる、あれこれ選んでいる余裕などないのだから、あれもいいのです。
 山本さんを支持はするけど、あれはよくない、なんて言ってる奴は腰が引けているだけでしょう。ふざけるのもいい加減にしてもらいたい。こういう時にこそ、よくやったと言わなければいけないのです。
 A friend in need is a friend indeed. ってのが真理。「まさかの友が真の友」です。
 山本太郎議員に孤立無援の戦いをさせている、民意無視の議員たちにあれこれ言う資格なんてないと私は思います。

 不敬だとか、皇室の政治利用だとか下らないことを喚いている人たちの品性下劣さにはヘドが出ます。大うそオリンピックの「プレゼン」に皇族を利用したのは、いったいあれは何だというのか。

 園遊会と言えば、以前に元(?)棋士の米長邦雄が「頑張って、君が代を無理強いしまくりまーす」というようなことを今上陛下に言上つかまったことがありました。この時、陛下は「強制というようなことはよろしくない」と答えたのでした。まあ、人間の一人として当たり前の答でしょう。
 本当に天皇を尊崇するのなら、なぜここで「ははぁー」と恐れ入り、土下座でもして、かしこまっちゃうことが出来なかったのか。その場で自己否定しなさいよ、です。
 「君が代」を強制したがるバカどもは、その後なんにも行動を改めずに、横車を押し続けているではありませんか。

 二代にわたる天皇がそのあり方を否定した靖国神社に参拝するなんてのは、ニセ右翼ばかりでしょうね。チミたちのやっていることこそが、皇室の政治利用そのものなのですよ。

***

« 敬老精神は可能か | トップページ | 新宿焼身自殺(未遂?)――諫死という手段 »

「福島原発」カテゴリの記事

コメント

返信ありがとうございます。じつは私の親は天皇制に反対の立場です。ですからお気持ちはよくわかるつもりです。山本議員の情熱も理解できます。しかし、ただ熱いだけでは空回りに終わってしまいます。あくまで冷静に、理性的に王道を貫くべきだと思います。今回の行為は逆効果に終わってしまったというのが、私の印象です。結果的に、「脱原発派の奴らは過激で何をしでかすかわからない」などというイメージダウンに繋がっただけではないでしょうか?天皇陛下を尊敬している人々はたくさんいます。そして彼らは悪人などではないのですから、彼らから不評を買ってはならないと思います。私は山本議員の<動機>は買っていますが、<行動>がまずかったと思っています。「マナー」という観点、「政治」という観点、「脱原発」という観点からも、今回の行動は有意義だったとは思っていません。そしてそれは「枝葉末節」などではありません。細かいことを大切にしなければ「脱原発」という大目的は達成できないと思います。山本議員には情熱だけで突っ走らないで、冷静に事を進めてほしいと願っております。

 ムスカさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
 ブログにも書いたように、私は天皇制には反対です。ただ、天皇制自体を問題にする場合は違いますが、天皇制を支持する人の考えにすべて反対するつもりはありません。
 山本議員が天皇制支持者だったとしても、私はいっこうにかまいません。もしかして、彼の行為が天皇への心からなる尊崇の念に由来するものであったとしても、何にも問題ないと思っています。

 現在の天皇は統治者ではありませんから「直訴」も「請願」も関係ないでしょう。
 また、理屈をこねれば、私は「象徴天皇制」自体を支持しませんから、今回の行為がその形にふさわしくないだとか何だとかは、自分には何の意味もない話です。

 原発の被害を広く国民に訴えようとしている山本議員の行動を私は支持します。
 枝葉末節にこだわるのは、問題の隠蔽につながるばかりだと思います。

 shiroyoshiさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
 政治って、なんでしょうね。

 オリンピック開催を歓迎する人・賛成する人がいて、またこれに反対する人がいる。これが「政治」でなかったら、世の中に政治的なことなんかないように思えます。
 賛否の両者があるときに、一方に肩入れするとしたら、これは政治です。

 都民から集めた税金を、何に使って何には使わないか、それを決めるのを政治といいます。福島の事故のあと、日本が大変な状況にある中で、被害者に対する補償をなおざりにしたまま、国民の(最近はあがりが足りないという話ばかり聞きますね)税金を、大うそをついてまでオリンピック招致に費消するというのは、大いに政治的な問題です。

 人間の行うことに、純粋に物理的な意味しかないことってありますか?
 スポーツが政治と無関係だと思いこんでいるとしたら、大きな誤解ではないでしょうか。

オコジョ様へ。勝手に返信することお許しください。shiroyoshi様へ。それは体裁・タテマエの話であって、オリンピックが政治と無関係であるわけがありません。実態は政治と密着しているので「政治とは関係ないよ」なんて、イチイチ憲章に書き込む必要性があるわけです。法律なんてみんなそんなもんじゃないですか。オリンピックが、何かから注意をそらすために利用されることはよくあることだし、むしろ逆に<国民自身が>現実逃避したいという欲求をもち、マスコミや政治家がその需要に答える、というのが本質的なところだと思います。そこに気の毒な皇室の方々が引っ張りだされて、アーダコーダやってる。天皇陛下は被災地を訪問しています。被災者の方々のことを気にしていないワケがない。しかし、それを読み違えた今回の山本議員の行為によって、結果は逆効果。被災者に心配りをしたい陛下は、かえって発言を控えなくてはならなくなった。とはいえ、静かに暮らしたいだけの天皇陛下に過度な期待をもつのは迷惑行為です。陛下とて、1人の人間にすぎないわけだし、過度な期待は天皇陛下に権力をもたせることになりかねません。それを策謀する勢力もいるくらいですからね。私は山本議員に同情的な人間の1人ですが、今回の件は、あらゆる意味において、山本議員の行為は誉められたことではないと考えます。短慮の一言です。

本筋からは若干外れるかもしれませんが、疑問に思ったので書かせていただきます。
〉オリンピックの「プレゼン」に皇族を利用したのは、いったいあれは何だというのか。
と書かれておりますが、オリンピックは政治とは関係ありません。ではその政治とは関係ないオリンピックの前段階ともいえる誘致活動も政治とは関係ないのではないでしょうか。
オリンピック憲章のIOCの使命と役割の中に「スポーツや選手を、政治的あるいは商業的に悪用することに反対すること。」とある。
引用元:オリンピック憲章(2011年版、JOCホームページより)
http://www.joc.or.jp/olympism/charter/pdf/olympiccharter2011.pdf

どうでもいいと思っています。騒げば騒ぐほど、それは天皇陛下の影響力=権力を大きくしていくからです。つまり今回の山本議員の行為に否定的だろうと肯定的だろうと、どちらも天皇陛下の影響力を認めている時点で<同根>です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586400/60084657

この記事へのトラックバック一覧です: 「直訴」もいいじゃないか:

« 敬老精神は可能か | トップページ | 新宿焼身自殺(未遂?)――諫死という手段 »