フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク

« 書評:ふしぎな「ふしぎなキリスト教」 | トップページ | 「次世代の党」の敗因 »

2014年12月10日 (水)

公明党のいう「軽減税率」

 たまたま公明党の政見放送の冒頭を観てしまった。
 しれっとした顔でウソをついてばかりいるあの山口ナツオが言ってるのを聞いて、これはひどすぎると思ったので書いておきます。

 逐語的に正確ではないが、その主旨はこんなものだった。
 山口いわく「与党の合意では、軽減税率はそれを“目指す”ところまでが決まっている。“目指す”だけにとどまらずに、それを実現までもっていくためには、公明党が大きな国民からの支持を得る必要がある。是非、公明党にあなたの一票を」

 これは自民党も承知している“政見”なのであろうか。
 山口の言っていることをそのまま敷衍するならば、自民党単独の方針に任せるのなら、軽減税率などあり得ないということになる。
 自公の二党が“合意”した政策として国民に公約している“軽減税率を目指す”とは、そういう意味のものだったのか。
 これは、もう詐欺そのものである。

 今回の総選挙の“大義”として安倍晋三が持ち出してきた理屈は、小学生だって間違いっこないほど明々白々の論理矛盾だ(ホームページが作れるかどうかは分からないけど、そのくらいの判断力はあっても全然おかしくない)。そんなメチャクチャな理屈を平気で押し通そうとするのは、“まさに”国民をなめきっているからこそ出来る暴挙だ。

 雇用は増えた、賃金はあがった、景気は順調に回復している――自公政権がこれまでやってきたことは正しい――このアベノミクスを継続していくわれわれをどうか支持してほしい――だってさ。
 ああそうですか、と言ってやろう。ただ、それなら解散する必要なんかまったくないではないか。議会での絶対多数を維持している政権で、自分たちの正しいと思っていることを続けていけばいいだけだ。なぜ解散するのか。

 前回の総選挙では、原発事故のそもそもの元凶だった自民党を全員当選という形で信任したのが福島県民だった。自公に3分の2の議席を与えたのが日本国民だった。そういうバカの極みをやっているから、今ではもう、やつらは国民を頭からなめきっているではないか。
 まったくシンからバカにしきっているのでなければ、こんなアホな解散なんかできっこない。

 ここまでやられて怒らないとしたら、もう死んだ方がいいと思う。
 野党がだらしないのは分かっている。しかし、絶対に自公には投票しない、当選させないという目的ひとつにしぼってでも自公以外に投票する必要があるのではないでしょうか。

« 書評:ふしぎな「ふしぎなキリスト教」 | トップページ | 「次世代の党」の敗因 »

「民主主義」カテゴリの記事

コメント

 ブルーはーとさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
 自分(たち)だけが分かっているみたいな言い分になってしまいますけど、どう考えてもおかしいのだから仕方がありません。

 私たちが間違っていて、自公に投票した人たちが正しいのだとしたら――つまり、今の政策を続けていくと日本が豊かで暮しやすい国になるというのなら、それはそれで何の問題もないのですね。自分の認識が誤っていたことを認めるのに、なんの躊躇もありません。

 逆に私たちが考えるように、自公政権のもとでは、このさき日本がとことんダメになってしまうのだとしたら――そのときは、いくらなんでも多くの人が気づきはじめるでしょう。可能ならば、それまで辛抱するのも一つの手かもしれません。

 ただ「国破れて山河あり」ならば、つねに復活のチャンスがあるわけですが、国破れて山河もなしになってしまう可能性が非常に高そうです。
 米国の支配層を筆頭とする詐欺師どもに、骨の髄までしゃぶりつくされて、骨と皮ばかりになったとしても、state ならぬ「くに」と山河があれば、立ち直ることは可能なはず……。でも、このままでいけば、その山河も破壊・汚染されつくしてしまいそうです。

 ここまでバカな国民ならば、それもしょうがないとしましょうか。この上ないバカの見本として、後世の笑いもの、大いなる「反面教師」になる。そんなかたちで人類に貢献する――そこにレーゾン・デートルを見いだすだけだとしたら、かなり暗いですね。

私、「自公に投票した人の脳みそは腐っている」と、
今まで文字にしたことの無い言葉を文字にします(口では言っていたんですけどね(笑))。
孫が生まれたのに、こんな日本でどーすんねんcrying
これからこの国で生きていく子どもたちに申し訳ないです……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586400/60992494

この記事へのトラックバック一覧です: 公明党のいう「軽減税率」:

« 書評:ふしぎな「ふしぎなキリスト教」 | トップページ | 「次世代の党」の敗因 »